So-net無料ブログ作成
検索選択
So-net無料ブログ作成
検索選択

インフルエンザ 熱 上がったり下がったり [インフルエンザ対処法]


インフルエンザの熱が上がったり、下がったりする場合の対処法



1月から2月にかけてインフルエンザが猛威を振るっていますね。


毎年発生するインフルエンザ、


近年の傾向通り、a型が最も流行っていますね。


新型も少しですが、影響が大きくなってきたとのこと。


インフルエンザは、かかると厄介ですが、


小さいお子様には最も注意してほしいですね。


幼稚園や保育園では、教室が小さく一気に感染してしまうので、


防ぐのは無理ですが、インフルエンザにかかったかな?と


疑われた場合は、発症から48時間以内であれば、


抗インフルエンザ薬が効くので早急にお医者さんに行くべきだと思います。


それで、幼稚園くらいの小さな児童に見られるのが、


熱が上がったり、ちょっと下がったりを繰り返すケースですね。








38度や39度まで上がって、また下がって37度くらいで前後している場合です。


この場合、お子さんが調子が少し悪そうで、


37.5度くらいにまで、上がったならお医者さんに診てもらうべきだと思います。


早い段階で、判断してもらうことが重要だと思います。


もしインフルエンザにかかっているのなら


抗インフルエンザ薬を投与してもらって


しっかり休んで元気になってもらって登校するのが


お子さんの健康を考える上では一番の行動だと思います。


熱が上がったり、下がったりしたのが確認できたら


一度は、お医者さんに見てもらうべきだと思います。


こちらも安心ですしね。


今、学校や幼稚園に通わせていいのかな?ってもんもんするよりは、


専門家であるお医者さんに判断してもらって、


状況の確固たる理由をもらった方が気が楽ですので。


インフルエンザだったら、出停で欠席にもなりませんし、


何も問題はないかと思います。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。